2015年11月25日

美白になるには


 スキンケアの基本は洗顔にあると言われています。普段からの適切な洗顔をすることが、肌にとってとても大切なことなのです。特に、白くきれいな肌になりたいと思っている人は、洗顔の重要性を見直す必要があります。


まずはお肌に負荷がかからないようにすることです。日々のその繰り返しが、肌トラブルの原因を解消してくれます。それでは、どのようなことに注意して洗顔をすればいいのでしょうか。



 まず考えたいことは、洗顔に使う水です。冬の寒い朝などは、どうしても温かいお湯を使いたくなってしまいます。それはダメです。適度なぬるま湯で洗顔するようにしましょう。


なぜかというと、熱い湯で顔を洗うとお肌を乾燥から守ってくれる皮脂の油膜がなくなってしまうからです。それをぬるま湯にするすることで、肌に優しい洗い方ができるようになるのです。



 次に考えなければならないことは、洗顔の時間です。古い皮膚を落としてやれば、より白く美しくなると考えがちです。そのため、どうしても時間をかけて洗ってしまいがちの人が多いのです。


肌の表面をじっくりと時間をかけて強く洗顔すると、肌への負担が大きくなってしまいます。なので、できるだけ肌に負担を掛けないように、時間をかけずに短時間で洗顔しなければならないのです。


なぜかというと、洗顔することで皮膚がきれいに保たれているので、古くなった皮膚が剥離し、新しい皮膚が表に出てきやすくなるからです。


お肌を白くきれいにするためには、新しい皮膚が古い皮膚にとってかわるサイクルを変えないようにすることが大切なのです。これをターンオーバーと呼んでいますが、常に正常なターンオーバーにすることが、肌の美白には効果があるのです。



 最後は、洗顔料選びです。美白効果がある洗顔料がたくさん販売されていますが、それらの商品が自分の肌に合っていることが大事です。歯だというのは、個人個人の肌質で違うので、いくら人気がある商品でも、自分に合っていなければ、返って逆効果になってしまいます。


美白になるためにはまず自分の肌質を知り、適した洗顔料を見つけることが大切です。



posted by gel at 11:37| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。