2015年09月21日

効果的な美白ケアの方法


 若いころはきれいだった肌でも、年をとるとしみやしわが増え、肌色も悪くなります。お肌のケアを十分にしていないと、紫外線による肌老化で肌の状態が悪くなってしまいますので、注意が必要です。


年をとってもなお若さを保つ肌でありつづけるには、紫外線の照射から肌を守り、しわやしみが増えるような原因をつくらないことです。UVカット効果があるクリームを常に肌に塗っておくことが、紫外線対策としては効果があるようです。


日焼け止めは、陽光が強くないような季節でもつけておくといいでしょう。紫外線は冬でもいつでも肌に届いています。古い皮膚が新しい皮膚ととってかわるサイクルを常に一定に保つには、健康的な生活を送り、代謝のいい状態をキープすることです。


美肌をめざすには、ぐっすり眠ること、ストレスは適度に発散すること、健康的な生活を送ることが大事です。



 コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の保湿効果がある成分が足りなくなると、お肌の老化はますます増します。スキンケアをしっかり行うことで、肌を老化させず、若々しさを維持できます。


肌を乾燥させないために、風呂から上がったら皮膚がまだ濡れているうちに化粧水や美容液をつけるようにしましょう。毎日の肌のお手入れを念入りに行うことで、肌の乾燥を防ぎ、年をとってもしみやたるみが目立ちにくい肌でいることができるでしょう。


普段のスキンケアが、年をとってから効果を発揮し、若さを保つ役割を果たします。



posted by gel at 13:46| Comment(0) | 美容の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。