2015年08月18日

紫外線の防止対策


 日焼け止めクリームの使用は、紫外線の肌に降りかかる影響を防止するために、よく使われているものです。この他、紫外線を防止する方法としては、日傘、帽子、サングラスなどを身につけるというやり方があります。


陽射しがだんだんと強くなると、化粧品販売店やドラッグストアでは、日焼け止め効果のあるクリームをよく売るようになります。日焼け止め効果といっても、クリームの性能は一律ではありませんので、外出する時間帯や、陽射しの強さなども合わせて考慮することです。


日焼けどめクリームを選ぶ時には、SPFと、PAがどうなっているかが、大事なポイントです。日焼けどめクリームのSPFの値が高ければ高いほど、紫外線のB波をカットする効果が高いクリームと判断することができます。


紫外線防止クリームを繰り返しつけていると、クリームの刺激に肌が負けてしまい、赤く腫れてしまう可能性があります。どのくらいの時間、家の外で活動しているかによって、SPFが違う日焼け止めクリームを使うのも、お肌のためになるものです。


日焼け止めクリームを選ぶ時には、SPFだけでなく、PAもチェックするようにするといいでしょう。PAは、紫外線A波に対してどれだけの効果があるかを示しています。紫外線A波は、しみやしわの原因になっています。


海水浴や登山など、長時間日光にさらされる予定がある人はPAの高いものを、通常と同じ日々を送っているならば、PAが低いものにしましょう。クリームが汗で溶けてしまう可能性がありますので、紫外線予防のために、こまめに塗り直すことがて大切です。


posted by gel at 14:00| Comment(0) | 美容の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。