2015年03月14日

無添加基礎化粧品の選び方


 無添加基礎化粧品の選び方として、無添加という表示があれば安心という考え方は捨てることが大切です。旧指定成分が配合されていない基礎化粧品が、無添加と表記されています。そのため、添加物が一切入っていないということとイコールにはなりません。


なぜ、その基礎化粧品は無添加という書き方をされているのかを把握することが、ポイントになります。何かしらの添加物が入っている基礎化粧品が多いので、無添加かどうか見分ける必要があります。



 もしも基礎化粧品を買うならば、どんな添加物が入っているかを確認し、その添加物が肌に及ぼす影響についても確認することです。


基礎化粧品の中でも、化粧水は水を多く使っていますので、水自体についてもどういったものなのかを事前に調べておくことが、基礎化粧品選びの役に立つといいます。


温泉水のみの化粧水も商品として販売されており、敏感肌の方に人気があるそうです。化粧水には、水の及ぼす作用が大きいといえます。


パッケージに書かれている無添加のみにこだわるのではなく、自分の肌にいいものが入り、不安なものが入っていないかが着眼点となるでしょう。



 基礎化粧品に期待しているような効果を得るためには、無添加成分についての知識を得ておくことも重要です。そもそもの水が肌に合っていないために、基礎化粧品の美肌効果がそれほど感じられないひともあります。



 無添加の基礎化粧品を選ぶ場合、どんな成分が使われているか、どんな成分が使われていないか、そしてベースになっているものは何かが大事です。



posted by gel at 10:34| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。