2014年11月27日

脂性肌のスキンケア


脂性肌と簡単に言いますが、その状況は個人差があって様々です。顔全体がべたついている方もいれば、特定の場所だけが脂ぎって入るという方もいます。なので、脂性肌の人はこのようなスキンケアをすればいいと一口で説明できるものではありません。



 しかし、脂性肌の人がやらなければならないスキンケアというのは、ある程度共通しています。それでは、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか。



 誰でもそうですが、肌の状態は季節や体調によってかなり変わります。特に、湿度の高い梅雨時期と乾燥時期の冬場では、分泌する脂の量がまったく違います。



 人間の肌は、脂分や汗を分泌することによって、肌が乾燥するのを防いでくれます。さらに、肌内部の水分の蒸発を防ぐことによって、さまざまな刺激から肌を守ってくれます。しかし、不規則な生活やストレスなどが加わると、男性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。そうすると、肌の状態が変わってしまうのです。



 スキンケアには洗顔を欠かすことができません。できるだけ正しい洗顔法を身に着けてほしいですね。


タップリとした泡をつくって、肌をこすらないように洗うことです。洗顔後は、乾燥を防ぐために化粧水を肌にたっぷりと浸透させることが大切です。肌が乾燥すると、脂分が過剰に分泌することになるので、脂性の方も、化粧水でしっかり保湿をした方がいいでしょう。



 脂性肌の方は、つけ心地がさっぱりしていて、肌を引き締める作用がある化粧水を選ぶといいようです。洗顔をしすぎると、皮脂をよけいに分泌させることになるので注意してくださいね。


posted by gel at 16:42| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。