2015年11月26日

乾燥肌の人のスキンケア


 乾燥肌や敏感肌の人は、スキンケア化粧品選びで苦労していると思います。かゆみや腫れなどの肌トラブルがなく安心して使えるスキンケア化粧品がなかなか見つからないからです。仮に見つかったとしても、実際に使ってみなければ、本当に使えるかどうかも分かりません。



 乾燥肌や敏感肌の人が、自分に合うスキンケア化粧品を選ぶ時に、心がけなければならないことはどういう点なのでしょうか。


 まず確認しなければならないことは、商品の成分表示です。パッケージに書かれている成分表を見ればすぐに確認することができます。商品に使用されている材料として、防腐剤や保存料が使われていないものを探しましょう。これらの添加物は肌への刺激が強いため、かゆみや腫れなどの肌トラブルを起こすことが多いので避けたいですね。


ただ、保存料や防腐剤の入っていないスキンケア商品は、細菌が繁殖している可能性があるので注意が必要です。最近は、天然成分だけで作られた添加物ゼロのスキンケア化粧品があります。商品の保存状態に気をつけて、酸化させないようにすることがポイントです。


スキンケア化粧品として大事なことは保湿性があることです。保湿効果が高いヒアルロン酸やセラミドが入っているものが良いでしょう。保湿力のあるスキンケア化粧品は乾燥しやすい肌にはなくてはならないものです。



 肌は皮脂成分が肌の表面を覆うことによって、水分が皮膚から逃げないようになっています。しかし、乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少ないので、肌を刺激から守る力が強くないのです。なので、刺激の強い成分が入ったスキンケア化粧品を使うと、肌荒れを起こしたり、ヒリヒリしたりしてしまう可能性が高いのです。


乾燥肌の人は、スキンケア商品を選ぶ場合には、肌に優しい成分のものを選ぶようにしましょう。


posted by gel at 11:39| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

美白になるには


 スキンケアの基本は洗顔にあると言われています。普段からの適切な洗顔をすることが、肌にとってとても大切なことなのです。特に、白くきれいな肌になりたいと思っている人は、洗顔の重要性を見直す必要があります。


まずはお肌に負荷がかからないようにすることです。日々のその繰り返しが、肌トラブルの原因を解消してくれます。それでは、どのようなことに注意して洗顔をすればいいのでしょうか。



 まず考えたいことは、洗顔に使う水です。冬の寒い朝などは、どうしても温かいお湯を使いたくなってしまいます。それはダメです。適度なぬるま湯で洗顔するようにしましょう。


なぜかというと、熱い湯で顔を洗うとお肌を乾燥から守ってくれる皮脂の油膜がなくなってしまうからです。それをぬるま湯にするすることで、肌に優しい洗い方ができるようになるのです。



 次に考えなければならないことは、洗顔の時間です。古い皮膚を落としてやれば、より白く美しくなると考えがちです。そのため、どうしても時間をかけて洗ってしまいがちの人が多いのです。


肌の表面をじっくりと時間をかけて強く洗顔すると、肌への負担が大きくなってしまいます。なので、できるだけ肌に負担を掛けないように、時間をかけずに短時間で洗顔しなければならないのです。


なぜかというと、洗顔することで皮膚がきれいに保たれているので、古くなった皮膚が剥離し、新しい皮膚が表に出てきやすくなるからです。


お肌を白くきれいにするためには、新しい皮膚が古い皮膚にとってかわるサイクルを変えないようにすることが大切なのです。これをターンオーバーと呼んでいますが、常に正常なターンオーバーにすることが、肌の美白には効果があるのです。



 最後は、洗顔料選びです。美白効果がある洗顔料がたくさん販売されていますが、それらの商品が自分の肌に合っていることが大事です。歯だというのは、個人個人の肌質で違うので、いくら人気がある商品でも、自分に合っていなければ、返って逆効果になってしまいます。


美白になるためにはまず自分の肌質を知り、適した洗顔料を見つけることが大切です。



posted by gel at 11:37| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

顔のたるみの解消法


 齢をとってくると肌のたるみが気になります。特に、顔のたるみは一番よく目につくところなので気になりますね。老化の一種だからと諦めてしまったのでは、どうしようもありません。最近は、アンチエイジング効果がある化粧品もたくさん販売されています。


そのような化粧品に頼るのもいいのですが、日常のお手入れなどのしかたによって、顔のたるみを防ぐことができるんですよ。それでは、どのようなことに気を付けて、どういうことを擦ればいいのでしょうか。



 顔がたるむ原因はたくさんあるようですが、最も大きな要因は紫外線です。紫外線を受けると肌は活性酸素の影響を受けて、老化が促され顔がたるんでくると言われています。なので、紫外線対策をすることが大切です。


紫外線をなるべく浴びないようにすることです。UV加工された日傘や帽子などをかぶること、そして紫外線対策された化粧品を利用することです。


そして紫外線から肌を守るために、お肌の潤いを保ち皮脂膜を正常に形成させなければなりません。肌が潤うと紫外線が入りにくくなるので、表皮のダメージが少なくなります。


お肌を乾燥させないようにすることが大事です。洗顔のしすぎで皮脂を取りすぎないようにしましょう。そして洗顔後は手早く保湿することです。


お肌の老化を防ぐために、抗酸化物質を含んだ食品を摂るようにしましょう。タンパク質やビタミンなどを積極的に摂りましょう。そして適度な運動と規則正しい生活をすること、睡眠も十分にとるようにしてくださいね。


posted by gel at 16:53| Comment(0) | 美容の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

にきびの予防


 若い女性はニキビができやすいこともあって、その対策に頭を悩ましているようです。もうティーンエイジャーでもないのに、ニキビで悩んでいる女性は少なくありません。顔にできるだけでなく、背中にできるにきびに悩んでいる方も多いようです。



 一度できたにきびは治療するしかありませんが、これからにきびができないように予防するにはどうすればいいのでしょうか。


夏になると、にきびができやすくなるのは、だんだん気温が上がり暑くなってくると、誰でも汗をかきやすくなるからです。汗をかくと、毛穴から汗と一緒に皮脂が分泌されます。皮脂がたくさん分泌されたまま放っておくと、毛穴が詰まり易くなります。それがにきびができやすくなる原因です。


皮脂で詰まった毛穴にアクネ菌という雑菌が入ることでにきびができます。毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除くことによって、アクネ菌の増殖を防ぐことができます。なので、正しい洗顔をすれば、にきび予防になるというわけです。



 夏は皮脂の影響だけでにきびができるわけではありません。紫外線を予防するために塗る日焼け止めクリームも影響しています。日焼け止めクリームで毛穴がつまりニキビができる人も少なくありません。


なので、にきび予防にクレンジングが重要なのです。日焼け止めクリームを塗った部分をクレンジングで、しつかり汚れを取らなければなりません。メイクもきれいに取り除くことが重要です。


さらに大事なことは、お肌から分泌される皮脂の量を減らすことです。それは食事を改善しなければなりません。脂っこい食べ物が好きな人ほど皮脂の量が多くなるので、脂質の少ない食事を心がけましょう。


バランスのよい食事をすることが大切です。野菜やフルーツなどをたくさん摂ることで、ニキビ予防だけでなく、健康にも効果があるでしょう。



posted by gel at 13:25| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

紫外線ケアの必要性


 外でよく遊んでいることもは日焼けして赤銅色の肌をしています。とても健康的なイメージがありますが、最近は科学の進歩もあって考え方が変わってきています。


これまでの日焼けは健康という考え方が否定されてきました。なぜかと言うと、日焼けの原因である紫外線が人体に悪影響を及ぼすということが分かってきたからです。



 それでは紫外線は、人体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

 紫外線を浴び続けると紫外線によって皮膚が置かされしみやしわが増えてきます。それだけならまだいいのですが、さらに進むと白内障になったり皮膚がんにかかりやすくなるそうです。また皮膚の防御機能が低下するために、感染症にかかりやすくなるようです。


アメリカやオーストラリアでは、紫外線の有害性が認識され、紫外線をできるだけ浴びないようなケアの方法が取られています。夏は帽子を被り、長袖の服を着て直接日に当たらないようにしています。子供だけでなく大人も様々な形で紫外線予防をしているようです。


それに比べて日本では、そのような状況にはなっていません。紫外線が美容のためによくないことが化粧品などのコマーシャルで言われている程度です。なので、女性は紫外線対策に敏感ですが、男性や子供の紫外線対策は、ほとんど行われていないと言ってもいいでしょう。



 紫外線対策は子供のころからのケアが重要

 紫外線の怖いところは、一度浴びたら終わりではなく、そのダメージがどんどん蓄積されていくことです。そして限界を超えたところでがんになるなどの症状として出てきます。なので、紫外線対策は大人になってすればいいというものではないのです。子供のころからのケアが重要なのです。


子供のころから紫外線対策をしておくと、大人になってから影響が出にくくなるのです。もう大人になっている人は、これ以上の紫外線の影響を受けないように注意するしかありませんが、子供は将来のために今から紫外線対策をしなければなりません。


帽子を被る、長袖、長ズボンをはく、日焼け止めクリームを塗る、サングラスをつけるなど、紫外線を直接浴びないような工夫をしてくださいね。


posted by gel at 11:58| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

スキンケア化粧品の選び方


 潤いがあるお肌の状態を維持するために、どうしても使わなければならないのがスキンケア化粧品です。現在、市販されているスキンケア化粧品は、メーカーの数も多く、種類もたくさんあって、いったいどれを選べばいいのか、本当に迷ってしまいます。


どのような化粧品をどのような基準で選べばよいのかを使う側も分かっていないことも大きな要因ではありますが、自分に合ったスキンケア化粧品をどのようにして探せばいいのでしょうか。



 スキンケア化粧品についてあまり詳しい知識を持っていない人なら、まずドラッグストアや化粧品の専門店に行って、店頭に並べられているスキンケア化粧品を見ることです。そこで、良さそうな物を見つけて、店員さんに質問することから始めましょう。もしサンプがあるなら貰って帰るといいでしょう。サンプルを使ってみれば、自分に合うものかどうかがすぐに分かります。


洗顔に使うクレンジング剤などはスーパーなどにも置いてあるので、できるだけ小さなサイズのものを買って試してみるのもいいでしょう。スーパーなどは、それほど高い物は置いてないので、手軽に購入することができます。



 もっといろんな情報が欲しい方は、インターネット通販を利用しましょう。インターネット通販では、実際の店舗のように手に取って確認することができないので、サイト内にある情報をしっかり読むことです。


そして気に入った商品を見つけたら、その商品について書かれている口コミサイトやランキングサイトを見つけて、その商品の使用感やお肌のタイプの相性などを調べましょう。自分と同じような肌質の方の感想はしっかり読んでください。そうすれば、使えるかどうかが判断できるはずです。


使えそうだと思ったら、トライアルキットやお試しセットがあれば申し込んでください。トライアルキットやお試しセットで試してから、本格的に使うことを考えましょう。


そういうことを繰り返しながら、自分に合ったスキンケア化粧品を見つけてくださいね。



posted by gel at 15:56| Comment(0) | スキンケアの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。